バックで車庫入れする時に車をぶつけてしまうのですが

バック・車庫入れ

バックで車庫入れする時に車をぶつけてしまうのですが
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

自宅の車庫にしても、
ショッピングセンターの駐車場でも、
バックで車を入れた方が後々楽です。

バックする時は後ろが見えません。


だから、後ろを直接見るか、
サイドミラーを上手く活用し、
スムーズにバックする必要があります。

が、アナタはこんな苦い経験を
したことはありませんか?

車をぶつけてしまう

というより感覚がわからん

車庫入れ 車をぶつけた

出典 http://blog-imgs-26.fc2.com

はい、もしかしたら、
一度はあるかと思います。

街中を走るある自動車の後部が、
凹んでるのを見たことありませんか?


あれはきっと、バックする時に、
壁にぶつけてしまったのでしょう。

もちろん、人身事故でないとして。


なぜ、バックに限り、車庫入れの時に
車をぶつけてしまうのでしょうか?

後ろが見えないからとか、
そういう理由ではありませんよ。


後ろが見えなくとも、慣れている人は、
決してぶつけることはありません。

そんなドライバーと今のアナタとでは、
一体何が異なるのか。


後進する時に、ハンドルを切る場所、
ブレーキを踏んだりゆるめたり。

これは経験しないと分かりません。


言葉で説明するのは難しいのですが、
バックで車庫入れする時って、
まず、後輪の左右どちらかの
タイヤが車庫に入りますよね。

その車庫の入口に入った瞬間に、
ブレーキを一旦踏みながら、
ハンドルを切るものです。


間違っても、ブレーキを緩めながら
ハンドルを切ってしまうと、
それこそ車をぶつけやすいです。

だって、車庫入れって斜めから入る時、
大きく曲がるわけではありませんから。


ここさえ理解できれば、
バックでの車庫入れも解決できます。

もっと手っ取り早く、
車庫入れ・バックの悩みを
解決したいなら、↓コチラです。

車庫入れ 車をぶつけた

出典 http://www.miyakomainichi.com

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
12
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

DubLi-Travel3-Japanese-300x250

月別アーカイブ